• ホーム
  • 3大ED治療薬のジェネリック

3大ED治療薬のジェネリック

2020年04月07日

日本国内で承認されているED治療薬にはバイアグラとレビトラ、シアリスがあります。
いずれもインド製の安価なジェネリック医薬品が存在します。
インドでは製法特許のみが認められ成分特許が認められていないため、製法を変更すれば同じ成分のジェネリック医薬品を製造できます。
バイアグラは2014年に日本国内で特許期間が満了しているので、国産ジェネリック医薬品が製造されています。
インド製のジェネリック医薬品には先発医薬品と同一の有効成分が含まれていますが、コスパが非常に優れているのが特徴です。

バイアグラとレビトラ、シアリスはいずれも血管を拡張して血流を促進しペニスを勃起させます。
服用するとペニスの硬さが増すという点では共通していますが、シアリスはゆっくりとペニスが勃起するのが特徴です。
バイアグラとレビトラは短時間で強力にペニスを勃起させることができます。

持続時間はそれぞれ異なります。
特に持続時間が長いのはシアリスです。シアリスには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在します。
病院では主に10mgか20mgが使用されており、持続時間は10mgが20時間から24時間で20mgは30時間から36時間です。

バイアグラには25mgと50mg、100mgがあり、日本国内では25mgと50mgが承認されています。
国産のジェネリック医薬品は50mgの錠剤です。持続時間は用量に関わらず約5時間です。

レビトラには5mgと10mg、20mgがあり、病院でのED治療には主に10mgか20mgが使用されています。
持続時間は10mgが約5時間で20mgは約10時間です。
シアリスは3種類のED治療薬の中で最も持続時間が長く、一定期間内に何度も服用する必要がないというメリットがあります。
シアリスのインド製ジェネリック医薬品は安価で、何度も服用せずに済むためコスパが優れています。

3種類のED治療薬にはそれぞれ異なる特徴があります。
またインド製ジェネリック医薬品はいずれも安価でコスパが優れており、少ない費用でEDを治療できます。
自分の体質や予算、使用方法などを考慮して最適なものを選択することが重要です。

デートプランによっておすすめのED治療薬は変わります

ED治療薬にはバイアグラとレビトラ、シアリスがありますが、それぞれ特徴が異なります。
各ED治療薬の特徴を把握することで、コスパを高めることができます。

また、バイアグラとレビトラ、シアリスにはそれぞれ安価なジェネリック医薬品が存在します。
ジェネリック医薬品も、先発医薬品と同様にペニスの硬さを保つことができます。
コスパを考えてED治療を行なうならば、ジェネリック医薬品を使用するのが合理的です。
デートでED治療薬を使用する場合には、プランによっておすすめのED治療薬が変化します。

バイアグラとレビトラは即効性が大きな特徴です。
空腹時に服用すれば20分から30分でペニスの硬さが増します。
45分から1時間ほどで血中濃度が最大となるので、性行為の1時間前に服用するのが一般的です。

バイアグラは食事の影響を受けやすいので、必ず空腹時に服用します。
食前に性行為を行なう場合にはバイアアグラがおすすめです。
一方食後に性行為を行なう場合には、食事の影響を受けにくいレビトラやシアリスがおすすめできます。
日帰りでデートをする場合は、即効性のあるバイアグラとレビトラが最適です。

レビトラとシアリスは食事の影響を受けにくいという特徴があります。
レビトラは服用前に700kcal以下で脂肪分が30%以下の食事を、シアリスは800kcal以下の食事を摂取できます。
シアリスは持続時間が非常に長いという特徴があるので、泊りがけでデートをするような場合に最適です。

食事や宿泊を伴うかどうかなどのデートプランによって、おすすめできるED治療薬に違いが出てきます。
素早くペニスを勃起させたい場合は、即効性のあるバイアグラやレビトラがおすすめです。
持続時間の長さを重視する場合は、シアリスをおすすめします。